Tradosから3000ワードが消える

朝起きてTradosを開いたら前日訳した英文にして3000ワードが消えていました…
一瞬血圧が上がりました。たまにあるんですよね。

まだTradosを使い始めたばかりの半年前は
ファイルごときれいっぱり消えていました。
当時は右も左もわかっていなかったので
実はどこかにあったのかもしれませんが。

私の場合、もとに戻すために以下の方法を試します。
①SDL Trados Studio Project Fileをまず開いてみます。
(プロジェクトを作成した時に自動的につくられます。)

それでもだめな場合は
②前日に保存した訳文から新規のプロジェクトを作成します。
(作業中、1時間から2、3時間おきに訳文ファイルを作成しています。
その日の最後にも必ず訳文ファイルを作成します。
そして外付けHDDにバックアップもとっておきます。
訳文ファイルは、トラドスのエディタを開いた状態で、
ホーム→一括タスク→訳文を選択し作成します。
私の場合、エクセルのバイリンガルファイルと
SDL XLIFF Documentという種類のファイルができます。
このエクセルのバイリンガルファイルを使ってもう一度新規プロジェクトを作成します。)

他にもスマートな方法があるのかもしれませんが、
今回も②の方法で5分で本日の作業に戻ることができました。

それにしてもTradosは怖いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする